MENU
アンチエイジングには体の内側からも改善を TOP  >  お肌の悩み  >  老け顔のデメリット|その原因と対策

老け顔のデメリット|その原因と対策

老け顔老け顔。イヤな言葉です。私は男性ですからそんなに気にした事もありませんが女性だったら深刻だろうと心配します。資金と時間と手間をかければ何とかなったのでしょう。けど、そうもいかないからだと思います。

老け顔の対策はアンチエイジングとして避けては通れませんけどでも何とかならないかと色々考えてみました。

個人的には私は童顔でした。32歳で転職。その時期が4月だったもんで、同時期に入社した新卒と同じように扱われて悲しい想いをした事もありまして。その後はある時、年相応の顔になったのに気付いて愕然。いきなり老けたようなショックがあったのは童顔のデメリットでしょうか。逆に年齢以上に見える方、そのデメリットは・・・う~ん。独身女性だったら深刻でしょうねって所にとどめます。がんばって何とかされるようお勧めします。

どうして老け顔に見えるか?

肌の張りがない、肌荒れ、シミ、そばかす、小ジワ、大ジワこんな所が老け顔の原因です。これらの量が増えて行くのはしょうがないとして。その増え方が少なければ童顔、多ければ老け顔になります。・・・貫禄とかオーラとか威厳とかは除きます。それぞれについて調べてみました。

 肌荒れについて

その原因は不健康な生活習慣によるところが多いです。食事の時間回数が不規則だったり、睡眠不足、飲酒、喫煙、ストレスのある生活環境、偏った栄養状態等々によります。若いころだったら平気だった所が代謝が悪くなり、影響が大きくなります。

それだけだったらよろしいのですが病気から来る事もあります。そちらは治療を進めねばなりません。これはちょっと別の話とします。

対策については(病気が原因だったら治療は当然する物として)規則正しい健康的な生活をめざす事になります。もうひとつ、当サイトでお勧めしている内側からの改善する対策が効果を上げると期待できますが肌荒れについては補助的なものとして根本的には規則正しい生活がなによりの改善につながると思われます。暴飲暴食?そんな方はすぐに改めた方がよろしいかと。

シミの対策

一般的には紫外線が原因となります。悪化させるのは食生活の乱れ、睡眠不足、喫煙等です。まずは紫外線をカットすることから、日傘や日焼け止めクリームが外からの対策になります。

シミは紫外線から身を守るメラミンと言う物ができるのです。新陳代謝の能力が低下して排出されないメラミンが残る事によりシミとなります。当サイト管理人”あんぢえいじん”は外からに加えての内側からの対策を提案します。主にビタミンCを補給してメラミンの生成を抑えます。単純にビタミン剤のような物ではなく、L-システインも同時に摂取すると効果的です。

そばかすをどうするか

そばかすは遺伝も原因の一つ、またシミと同じように紫外線も大きく影響、メラニンの生成によって起きます。対策としてはシミと同じく、ビタミンCとL-システインの摂取になります。

シミ・そばかすに似て非なる物(要注意!)

シミやそばかすに似ているのですが肝斑(かんぱん)と言う物があります。対策は全く違います。トラネキサム酸の服用で治療します。と言っても単純に飲めば良い物ではなく、元々は止血のためのお薬、副作用もありますので専門的に皮膚科の受診をお勧めします。

小ジワの原因と対策

肌が乾燥することから起きます。皮膚の保湿性の低下が原因となります。それは水分の不足と言う事ではなく、新陳代謝の低下から起きます。外からの対策なら白色ワセリンやヘパリン類似物質製剤の塗布になります。内側からの対策としては”あんぢえいじん”イチ押しのロスミンローヤルが効果あります。日本唯一の小ジワに効く第三類医薬品です。

大ジワについて

大ジワと言うのはこのページだけの用語です。小ジワに対応する言葉として使ってみている言葉です。額の横ジワ、ほうれい線です。散々探しましたがこれを改善してくれる薬は今の所、見つかりませんでした。ロスミンローヤルで改善できると書いているサイトもありますが小ジワではありませんから効能にありません。お問い合わせ先に電話してみました。「代謝を改善するから薄まる可能性はありますが、効くとは案内できません」って回答でした。マッサージ、表情筋のエクササイズ、ツボの刺激、コラーゲン・ヒアルロン酸での対策を上げているサイトがありますので検索して見てください。

”あんぢえいじん”の考える老け顔のデメリット

あんぢえいじん

老け顔の原因と対策について書いてみました。老け顔のデメリットをどこまで対策するかが肝要かと思われます。新卒に見える32歳はご愛嬌。でも20代に見えるような還暦近い美魔女ってのも(個人的には魅力的だと思いますが)いかがなものかと。男の顔は履歴書と昔読んだ本にありました。最近は男女差が少なくなって女についても同じだと思います。履歴書って女性にとっては出産、子育てやお仕事のキャリア、人生の中の積み上げですよね。それを覆い隠すように完璧に対策するとアンチエイジング対策が私の人生でしたって見えてしまいます。

老け顔のデメリットって積み上げた人生の積み上げがちょっと色あせて見える所じゃないかと。”あんぢえいじん”としては適度の老け顔対策によってそんな積み上げが少し輝かしく見えたら素敵なんじゃないかと思ったりするのです。

同じカテゴリー「お肌の悩み」の一覧

肝斑の原因と治療。トラネキサム酸服用は慎重に

肝斑と言うしみに似た物があります。原因ははっきりしてません。見た目は似ているのに治療方法が異なります。しみの治療法では改善しません。レーザー治療はしみに効きますが肝斑は悪化するので要注意です。

記事の続きを読む

そばかすの原因は?対策は体の内側から

そばかすのお悩みは?だんだんと濃くなった、増えたと思っている方は多いでしょう。そばかすに対するネットの情報を徹底的に調べてみました。知ってたつもりの事や意外な事がたくさんあって整理してみました。

記事の続きを読む

妊娠中のスキンケア|シミ・そばかす・肌荒れの対策

妊娠中のスキンケアは?妊娠をきっかけにシミができたりそばかすを悪化させたり肌荒れ・吹き出物が起きる人がいます。ホルモンバランスの変化によるものです。少ないリスクでの対策をする薬があります。

記事の続きを読む

冷え性を改善する薬|体の内側からの効果

”あんぢえいじん”のまわりには冷え性で困っている方がいます。なぜ冷え性があるのでしょうか。何とかならない物なのでしょうか。原因と対策を探してネット上をさまよった結果、体の内側からの改善を提案します。

記事の続きを読む

肩こり解消には体の内側から

肩こりをお持ちの方。解消する方法は色々。歳を経るたびにきつくなった方が私の周りに多いのです。解消の方法は様々ですが、当方のコンセプトは「体の内側から」の解消法。”あんぢえいじん”流に考えてみました。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Copyright© 2019 アンチエイジングには体の内側からも改善を

ページトップ