MENU
アンチエイジングには体の内側からも改善を TOP  >  お肌の悩み  >  妊娠中のスキンケア|シミ・そばかす・肌荒れの対策

妊娠中のスキンケア|シミ・そばかす・肌荒れの対策

妊婦さん妊娠中のスキンケアは?妊娠をきっかけにシミができたりそばかすを悪化させたり肌荒れ・吹き出物が起きる人がいます。ホルモンバランスの変化によるものです。少ないリスクでの対策をする薬があります。妊娠→出産→子育ては女性の人生の中での最も大きなイベントです。何事にも優先するべき大事な時期でいろんな事が変わります。家族の存在、今までの人生、仕事。そして母となる訳ですが生き物としての変化もあります。妊娠によりホルモンバランスが変化します。さらに出産、授乳期と生活の変化がお肌に影響をして行きます。スキンケア?あまりにめまぐるしく、そんな事を考える余裕なんてないかも知れません。とは言っても放置すると後々面倒な事に。デリケートな妊娠中からでも安全かつ手軽でスキンケアに効果のある対策、体の内側から改善するお薬を紹介します。

最も優先すべき事

それは母子の健康。さらに最も優先される事は子供を健全に生み、はぐくむ事。女は弱し、されど母は強しと言いますが最も弱いのは生まれてくる子供になります。胎児には十分に栄養を与える必要もありますし出産は安全に迎えたいです。生まれたら健やかに育って欲しいです。ちょっとでも優秀な子になれと願ってしまいます。それぞれには大変な労力がかかります。労力=時間と言い換えてもいいかもしれません。生まれたばかりの子供の授乳なんて昼夜を問わずの重労働となります。
また労力=費用とも言えます。良い子に育てと願うなら色々な物を用意しないといけません。人生の荒波を余裕で乗り切る術を身につけさせるには親自身の努力も相当に必要です。これを家族の不和を招かないようにしながら進めて行くのは大変です。

まるで苦行のような事を書いていますがそれだけではないですよね。女の人生にとっての至高の喜び。我慢大会ではありません。それはうれしい事を伴うからできた事だと思います。逆に子供の事を優先するあまり、いろんな事を置いて行ってしまいがちです。

優先すべきでない事

いろんな事が犠牲になるのは止むを得ません。飲酒、喫煙はもってのほか。趣味?それは子育てがひと段落してから。子供と一緒に楽しむのも大きな喜びですがそれも物ごころがつかないとね。遠くの友人もしばらくはご無沙汰。子供を見てもらうのもうれしい事の一つですが遠出に耐えられるまでに育つには時間が結構かかります。ご自分側の親戚はどうでしょう?義理の父母を優先すべきだったら不義理になるのも止むを得ません。大変な時期ですから実家に帰った方が気楽なのはわかりますが、親戚関係にしこりを残すまでのやり過ぎは避けたい所です。

こんな所に我慢や気配り・気遣いをしてたりするとおろそかになってしまう事の一つがスキンケア。もし子供の肌がおかしくなる兆候が見えたとしたら、ご自分のひどい肌荒れや、悪化してしまったそばかす、目立ったシミを優先する人はいないはず。と言うのは極論かもしれませんけど、そうでなくてもスキンケアに時間をさけるようになるにはかなり後になってしまいます。まして2人目の子供も育てようとするならば大変さは倍以上かもしれません。

父となった”あんぢえいじん”の経験から

私も家内が子供を生み育てるのを最も近い位置から眺めていました。傍観者的表現ですが。最近は育メンだって宣言してがんばっている新米父さんもいますけど。どうしたって母親が中心になります。髪の毛、振り乱して奔走しているのはやっぱ私の配偶者。私ごときでも家事は出来る限りしましたけど、大変な負担をちょっとましにした程度だったと思っています。家内の性格ってのはありました。そりゃやり過ぎだーって思った場面もあり、こいつは母となり、女を捨てたか?って思った事も。でも、うれしげに子供の成長を見守る家内にスキンケアとかを何とかしろと言いだすきっかけはあまりに少なくて・・・。

そうそう。こんな事もありまして。あれは次女の参観日。うちはちょっと晩婚って事もありました。まわりは一人っ子のママさんが多く、親の年齢差がちょっと目立ちました。こんな時に若々しさがもうちょっとあったらなって感じたのでした。

お肌にとって悪い事がいっぱい

スキンケアが必要になる場面がたくさんあります。体が変わって行く過程でのホルモンバランスの乱れが原因のひとつですが、こんな要因で肌は荒れ、そばかすも悪化し、シミがひどくなります。

  • ストレス・過労
    子育てを労働の一つとして考えると大変な労力です。時間的制約が厳しくなりますから不規則な生活になるのは止むを得ません。また密室で子供を大きくするのではなくていろんなしがらみの中になります。肉体的負担はともかく、精神的な負担も大きくなりがちです。
  • 紫外線の影響
    子供には運動が必要です。また日光は健全な成長に大事な事になります。だから公園デビューや散歩が必要になります。陽の当たる所に放置するわけではないので当然母親も紫外線にさらされることになります。
  • バランスの悪い食生活
    ご自分の都合だけで献立を考えられなくなります。子供の栄養バランスが最優先なのはもちろんです。が、その余り物や子供の好き嫌いに応じた買い物をして、ご自分の食事は簡単に用意してしまおうとするとバランスはすぐに崩れてしまいます。まして時間がありませんから、ゆっくりと食事するなんて至難の技。

スキンケアに間接的に良いと”あんぢえいじん”が考えているのは入浴。ストレス・疲労解消に効果あると考えています。ですが子どもと入る時にゆっくり温まったりは厳しいです。

ストレス、過労は貯めぬようにしましょう、紫外線は避けましょう、食生活に気を配りましょうと身軽な人には軽くお勧めできます。そうはいかぬ事情をお持ちの妊婦さん~お母様。完璧な対策は無理でも肌に今悪い事していると意識するだけでも対策をする助けとなるかもしれません。

”あんぢえいじん”の考える妊娠中のスキンケア

あんぢえいじんこれから大変だ、大変だと妊婦さんにとって脅しのように書きました。うちの子もできは悪いですがマシになった所もあります。病気がちでなかったのは、それだけでも非常にラッキー。子育てってつらい事ばかりだけでないのは皆様ご存じの通り。2人とも成人して実感しています。そうは言うてもくたびれた家内の見た目(自分もそうですけど)は対策してたらなって思ったりもします。

同窓会に出たりすると女性陣は子供のあるなし、独身か既婚かがはっきりと見た目に現れています。それは年輪のようなオーラの違いです。美醜で語るだけではなくて、その人の人生の善し悪しを判断する物ではないです。

当サイトでイチ押しでお勧めしているロスミンローヤルの効能の中に妊娠授乳期・病中病後・肉体疲労・食欲不振などの場合の栄養補給があります。これは体の内側から効果を発揮する同様の第三類医薬品の中でもロスミンローヤルだけです。妊娠中ってデリケートで「薬なんて飲んで大丈夫なのか」とご心配な時期でも安心して服用できます。ロスミンローヤルの販売元に電話した事もあります。「成分が書いてある、外箱か説明書をお医者様に見せる」と良いそうです。
一日3回の服用は普通なら面倒なのですが、妊娠から子育ては忙しい時期です。塗ったり貼ったりの対策よりかえってお手軽に思えます。お肌の悩みにプラスアルファの効果も期待できますしね。
子供を産み育てる時のお肌の悩みへのスキンケア、悪化してしまう前に始めるのがよろしいです。もちろん、子育てが終わってひと段落された方が飲み始められるのも遅いと言う事はありません。ただ、早いに越したことはないってこの年齢になって思う事の一つです。

ああそうだなぁ。ロスミンローヤル、今度カミさんに買い与えてみようかな。お疲れさんって。

あわせて読みたい記事

ロスミンローヤルは妊娠授乳期にも安心。体の内側からのスキンケア

同じカテゴリー「お肌の悩み」の一覧

肝斑の原因と治療。トラネキサム酸服用は慎重に

肝斑と言うしみに似た物があります。原因ははっきりしてません。見た目は似ているのに治療方法が異なります。しみの治療法では改善しません。レーザー治療はしみに効きますが肝斑は悪化するので要注意です。

記事の続きを読む

そばかすの原因は?対策は体の内側から

そばかすのお悩みは?だんだんと濃くなった、増えたと思っている方は多いでしょう。そばかすに対するネットの情報を徹底的に調べてみました。知ってたつもりの事や意外な事がたくさんあって整理してみました。

記事の続きを読む

妊娠中のスキンケア|シミ・そばかす・肌荒れの対策

妊娠中のスキンケアは?妊娠をきっかけにシミができたりそばかすを悪化させたり肌荒れ・吹き出物が起きる人がいます。ホルモンバランスの変化によるものです。少ないリスクでの対策をする薬があります。

記事の続きを読む

冷え性を改善する薬|体の内側からの効果

”あんぢえいじん”のまわりには冷え性で困っている方がいます。なぜ冷え性があるのでしょうか。何とかならない物なのでしょうか。原因と対策を探してネット上をさまよった結果、体の内側からの改善を提案します。

記事の続きを読む

肩こり解消には体の内側から

肩こりをお持ちの方。解消する方法は色々。歳を経るたびにきつくなった方が私の周りに多いのです。解消の方法は様々ですが、当方のコンセプトは「体の内側から」の解消法。”あんぢえいじん”流に考えてみました。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Copyright© 2019 アンチエイジングには体の内側からも改善を

ページトップ