MENU
アンチエイジングには体の内側からも改善を TOP  >  お肌の悩み  >  冷え性を改善する薬|体の内側からの効果

冷え性を改善する薬|体の内側からの効果

あんぢえいじん”あんぢえいじん”のまわりには冷え性で困っている方がいます。なぜ冷え性があるのでしょうか。何とかならない物なのでしょうか。原因と対策を探してネット上をさまよった結果、体の内側からの改善を提案します。代謝を上げて循環が良くなれば改善されるはず。女性としての力を向上してくれるお薬をお勧めします。

冷え性は命にかかわる物でもありませんし、大変な苦痛を伴う物ではありませんのでそんなに目立ったりはしません。が、夏に空調の効いた室内で寒がっている人を見たりしました。これは色々の要因が重なっての事になるのですが解決には全ての要因を正常にしなくても一つ二つが良くなればずいぶんと楽になられると思います。

冷え性の原因は自律神経の乱れ

良く見ると冷え性って「冷え症」ではないのです。なぜこんな漢字を当てるのかですがそれは病気ではなく自律神経の乱れが原因となるからです。では自律神経とは?循環器や消化器、呼吸器の活動をコントロールするための神経です。要は自分でどうにもならない神経ですね。これの働きがおかしくなる事が自律神経の乱れです。自律神経が乱れて手足の先端が温まりにくくなり、常に体が冷えているような感覚が起る事です。”あんぢえいじん”は血流の悪さを原因と考えます。
この原因の大きな一つはストレスと不規則な生活等にあります。ストレスと言うと漠然としたニュアンスですが言いかえると、不安と緊張、過労です。放置すると医師の診察が必要になる所まで悪化しますので要注意です。

血液循環が悪くなって悪化

自律神経が乱れると必ず冷え性が起きる訳ではありません。血液循環が悪くなって冷え性となります。血液循環が悪化する原因を調べてみました。

  • 貧血、低血圧
    末梢血管に血が流れにくくなりますので手足の冷感につながります。
  • 運動不足
    運動不足により血流の滞りが要因となります。
  • 筋肉量の低下
    運動不足に関連しますがここでは別物とします。運動が不足すると筋肉の量が減少します。筋肉には血液が含まれます。この血液が少なくなると血流が少なくなります。男性より筋肉量が少ない女性に冷え性が多いのはこのせいでもあります。
  • 女性ホルモンの異常

これらの条件の重なりと長年の経過による蓄積によって起きると考えます。

誤った対策

寒い感じがするのが冷え症ですので厚着になりがちです。ところが厚い靴下等によって締め付けられるとかえって血流が悪くなります。気温の低下を寒いと感じる感覚が鈍ると指摘しているサイトもあります。また、本来自力で温めるべき機能が低下する、携帯カイロや暖房機器で過剰に温める事の危険性を警告している所もありました。

未確認情報ですがコーヒーの飲みすぎも悪化を招くそうです。情報を探してネット上をさまよいましたが民間療法的な「ホントかよ?」と言うような治療方法がたくさんあります。う~ん。どれを信じていい物か。やっかいな事に、ある人には効果ありだが、別の人には効かない事が考えられますから、万人に共通の正解はない

”あんぢえいじん”のお勧めの冷え性対策

  • ストレス
    ストレス解消に努めましょう。・・・と、簡単に書いてしまいます。無理解な上司、勝手な部下と戦っておられるかもしれません。そのような色々ご事情はあるでしょうけど頑張ってください。リラックスをキーワードにオンとオフを切り分けるとよろしいのでは?趣味を充実させるのもよろしいかも。
  • 不規則な生活
    不規則な生活をされているなら改めましょう。って言うのも無責任ですけど。好きでやってんじゃないよー!と言う人もいるでしょうけど、夜遊びとか深酒、不摂生は控えましょう。
  • 貧血
    治療が必要でしょうか?だったらお医者様。そこまでではないなら食生活の改善をお勧めします。
  • 低血圧
    貧血に似て非なる物。医学的にはわかっていない所もあるそうです。やはりお医者様のお世話になったり、軽症なら食生活の改善でましになるでしょう。
  • 運動不足
    軽い物から始められる事をお勧めします。また、運動によってストレスの解消につなげる事もよろしいでしょうから、楽しめる運動を探されるのもいいと思います。

それ以外に入浴を楽しまれる事もお勧めです。体を温める事で冷感に効果ありです。またリラックスできますからストレスや疲労にも良い影響があるでしょう。

あんぢえいじんさて、冷え性をお持ちの方。お悩みは冷え性だけでしょうか。冷え性をお持ちならシミ・小じわは大丈夫でしょうか。”あんぢえいじん”のお勧めするロスミンローヤルはシミ・小ジワを解決するためにホルモンバランスの改善も含め、女性としての力を活性化させる婦人薬です。きっと両方のお悩みを体の内側から複合的に改善してくれるものと考えます。

あわせて読みたい記事

”あんぢえいじん”イチ押し!冷え性にも効果があるシミ・しわの薬

同じカテゴリー「お肌の悩み」の一覧

肝斑の原因と治療。トラネキサム酸服用は慎重に

肝斑と言うしみに似た物があります。原因ははっきりしてません。見た目は似ているのに治療方法が異なります。しみの治療法では改善しません。レーザー治療はしみに効きますが肝斑は悪化するので要注意です。

記事の続きを読む

そばかすの原因は?対策は体の内側から

そばかすのお悩みは?だんだんと濃くなった、増えたと思っている方は多いでしょう。そばかすに対するネットの情報を徹底的に調べてみました。知ってたつもりの事や意外な事がたくさんあって整理してみました。

記事の続きを読む

妊娠中のスキンケア|シミ・そばかす・肌荒れの対策

妊娠中のスキンケアは?妊娠をきっかけにシミができたりそばかすを悪化させたり肌荒れ・吹き出物が起きる人がいます。ホルモンバランスの変化によるものです。少ないリスクでの対策をする薬があります。

記事の続きを読む

冷え性を改善する薬|体の内側からの効果

”あんぢえいじん”のまわりには冷え性で困っている方がいます。なぜ冷え性があるのでしょうか。何とかならない物なのでしょうか。原因と対策を探してネット上をさまよった結果、体の内側からの改善を提案します。

記事の続きを読む

肩こり解消には体の内側から

肩こりをお持ちの方。解消する方法は色々。歳を経るたびにきつくなった方が私の周りに多いのです。解消の方法は様々ですが、当方のコンセプトは「体の内側から」の解消法。”あんぢえいじん”流に考えてみました。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Copyright© 2019 アンチエイジングには体の内側からも改善を

ページトップ