MENU
アンチエイジングには体の内側からも改善を TOP  >  ハイチオールC  >  ハイチオールCホワイティア。CMで放送中の新製品を検証

ハイチオールCホワイティア。CMで放送中の新製品を検証

ハイチオールCホワイティアハイチオールCホワイティアはハイチオールシリーズ中の新製品。飲みやすいようになって登場。しみ・そばかす悪化の原因となる紫外線が強くなる季節に検討しておきたい、知名度上昇中の新製品です。CMをご覧になった方も多いのでは?どうなんだろう、何が新しいのだろうかとご興味を持っておられるのでは?成分的にはハイチオールCプラスと基本的に同じになっています。新しい技術によって同じ成分、容量で錠剤の小型化を実現した期待の新商品です。

ハイチオールCホワイティア誕生の概要

ラインナップ全般については詳しくは当サイトのハイチオールCシリーズのページをご覧ください。

まずはハイチオールCが1970年代に発売、現在はリニューアルしてして現在のハイチオールCプラスとなりました。次にハイチオールCプルミエールが追加されました。一日3回服用する所を2回にし、錠剤を小さくして飲みやすくした物です。ハイチオールCホワイティアはその次に発売されています。錠剤はさらに小さくなって飲みやすくなりました。女性の社会進出から仕事を持った方も多くなり、昼食後の服用を不要にしたのは忙しくなった現代人のニーズにあわせたものと思われます。成分はほとんど同じです。

ハイチオールCホワイティアはこんな人に

当然、シミ・そばかすにお悩みを持った方が対象となります。効能・効果は以下の通りです。
ハイチオールC

  • しみ・そばかす・日やけなどの色素沈着
  • 全身倦怠
  • 二日酔
  • にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ



ハイチオールCプラスの服用をされている方で1日3回がわずらわしい方、忘れがちな方、大きくて飲みにくいと思っている方。

プラスよりも小さくなったプルミエールでも、まだ飲みにくいと思っている方。

しみ・そばかすに体の内側からの対策をこれから始めようと思っておられる方。ハイチオールCホワイティアのベーシックな成分はまず試してみるに適していると考えます。

口コミを探したんですが

口コミを探して見ました。ですがまだ新しいせいなんでしょうか、口コミが全くありません。良いのも悪いのも。参考になりそうな口コミは成分が同じであるハイチオールCプラスを見るとよろしいでしょう。結構な量があります。某サイトより3ヵ月以上継続したと明記してある物を参考にしました。

肌への効果ありの口コミ

・肌に透明感が出ている気がする
・肌荒れニキビに良い。肌の調子が良くなる
・ニキビができにくく、頬の赤みが治まった
・色白でシミなしをキープできている
・シミが新しくできない
・シミが全くできない
・肌の調子は良い、ニキビはできにくく、シミも薄まった
・肌のトーンが上がった
・アトピー後の色素沈着が薄くなってきた
・手の甲のくすみが消えてきた気がする
・美顔器併用でシミが薄くなって来ている
・シミ・そばかすができないし肌荒れに効く

肌以外の効果への口コミ

・体のだるい日、二日酔いの日に効果あり
・咳が止まるようになった
・じんましんが予防できている
・倦怠感に効いている、二日酔いに効く

悪い口コミ

・ニキビ跡に効かなかった
・特に効果なし
・効果はわからなかった
・何も起きなかった

肌の調子が良くなっている方の口コミを見ていると穏やかに改善された方が多いようです。一気に完治と言うよりは予防や薄まったと言う口コミが多いです。しみ・そばかすより肌荒れに効果が出るのが早そうです。二日酔い等のお肌以外の効果は即効性が期待できます。

ただ全ての人に効くのではなく何も起きないと書いている人もいます。効果がない場合は体質かもしれませんが不摂生や栄養バランスの崩れ、ストレス等々が原因の可能性があります。生活習慣の見直しをお勧めします。

価格について

価格帯を見てみます。製造元エスエス製薬で希望小売価格を見ましたが実際の所とかけ離れていますので売価を調べ、3商品を比較してみました(商品名は省略しています)

名前 分量 平均価格 1月単価
プラス 60錠 903円 2,708円
180錠 1,922円 1,922円
プルミエール 60錠 2,066円 4,131円
120錠 2,387円 2,387円
ホワイティア 40錠 1,000円 2,999円
120錠 2,557円 2,557円

小ビンに限ればハイチオールCプラスが最もリーズナブル。ホワイティアはちょっと高い目。プルミエールはかなり高いです。大ビンはどれも30日分になります。ちょっとずつ高くなっています。

これはYhooショッピングそれぞれを安い順で検索した1ページ目の平均です。一見、間違っているように見えます。プルミエールの小ビンと大ビンの差が小さすぎの300円位。でも間違いありません。

詳しくは以下のページをご参照の事。

ハイチオールCシリーズの価格体系

ひと月の単価は参考値。小ビンは一カ月分になるように買った時。価格の比較のためで現実的ではありません。大ビンの価格は大体【300円位の差】があります。

問題点その1、効能・効果

ハイチオールCホワイティアの効能・効果について書きましたがこれを再度ご確認いただきたい。主にしみ・そばかすに効きますが、効能・効果以外のお悩みを抱えておられる方にはお勧めできません。たとえば肝班。シミによく似た現象ではありますが全く別物。シミの対策で改善は期待できません。

問題点と言えば問題点なのですが当たり前と言えば当たり前です。

問題点その2、価格設定

正直ホワイティアは高いです。小ビンで比べるとそうでもないように見えるかもしれません。プルミエールがばか高いと。でも飲み続けて効果が得られる薬です。割引率の高い大ビンに切り替えないと損です。そうしますとホワイティアが一番高いのです。ここに価値を見いだせるかどうか。成分がほとんど同じですのでどれが良いって事はないと思われます。1日3回の服用が2回で良い、飲みやすい小さい錠剤にこの価格の差が納得できるかです。とは言っても月に500円少々。たいして高価だとは思えません。それにまだ発売されてすぐ。そのうち値下げされるかもしれません。希望小売価格はプルミエールと同じですから。

ハイチオールCホワイティアが不向な人

ハイチオールC効果を見極められるまでは【3ヵ月間】掛かります。かなり長い期間だと思います。でもしょうがないのです。肌のいちばん深い所に働きかけて新しい細胞が形成、表皮まで出て来るまでの時間です。ここまで続けられない人、もっと効果が表れるのを急ぐ人にはいかがなものかと思います。ハイチオールCに限らず体の内側からしみ・そばかすを改善して行くお薬は今の所このようなメカニズムの物しかありません。

さて、このお薬の服用を検討されている方。その目的はなんでしょうか。いまさら何の話だと思われるかも。それはシミそばかすを消したいんでしょうけど、その本当に目指す所はアンチエイジング、老け顔をなんとかしたいんですよね。しみ、そばかすが実年齢以上の印象を与えているから消したいんだと想像しますけど、あなたのお悩みはしみ・そばかすだけなんでしょうか?小ジワもある?ほうれい線が目立つ?肝班がある?もちろん、しみ・そばかすが消えればかなりの改善になる方が多いと思います。それ以外の所もなんとかしたい方にはハイチオールCシリーズでは不十分です。しみ・そばかすの緩和や二日酔いへの効果が目的でない人にはダメだと思います。

”あんぢえいじん”のまとめ

あんぢえいじん良い薬が出たんだと思います。体の内側からシミそばかすを改善するお薬はたいてい1日3回の服用になっています。飲んでいる同僚によると3回はやっぱり大変みたいです。仕事をしていると昼休みがあわただしく飲むのが抜けがちになるんだそうで。たまにならいいのでしょうが飲み忘れが頻繁になると効果に期待できなくなります。【1日2回の服用】になっているハイチオールプルミエールは便利なのです。さらにホワイティアが小粒になって飲みやすくなっています。成分的にはほとんど同じ。効能・効果は同じだけの期待ができます。価格差は飲みやすさだと思ってよいでしょう。その便利さと価格の差を比べてみてどれが良いかを決められるとよろしいと思います。

”あんぢえいじん”お勧めの飲み方としてはまずは最初にハイチオールCプラスの小さい方をドラッグストアで買います。送料がかからないので多少高くてもお得になります。10日分です。試して悪影響がない事を確認してから飲み続けるかを検討します。効きめではなく、害があるかどうかを判断します。

害がない事がわかったら、飲みやすさ、1日3回の服用が面倒か、錠剤の大きさはどうだったか。それと価格差を見てどのハイチオールCにするか決めます。飲みやすさと価格の差から考えてホワイティアがお勧めです。ドラッグストアより安い大ビンを探して3カ月分を限度に送料無料になる金額を超えるようにまとめ買いすると最もお得になるでしょう。

ハイチオールCホワイティアは紫外線が強くなる季節の前にぜひ飲み始めておきたいお薬です。

楽天でハイチオールCホワイティア120錠を最安価で購入する

同じカテゴリー「ハイチオールC」の一覧

ハイチオールCとホワイピュアを比較してみました

ハイチオールCは1972発売のベストセラー。対してホワイピュアは最も新しいお薬。どちらもしみ・そばかすに効果をあらわすライバル?となります。どっちがどんな人に向くのでしょうか。

記事の続きを読む

ハイチオールCホワイティアとロスミンローヤル。どちらを選びますか?

ハイチオールCホワイティアCM放送中の新発売の話題のお薬。ロスミンローヤルは古くから愛されているお薬。当サイトでは両極端。どちらがいいのかを比べてみました。

記事の続きを読む

ハイチオールCホワイティア。CMで放送中の新製品を検証

ハイチオールCホワイティアはハイチオールシリーズ中の新製品。飲みやすいようになって登場。しみ・そばかす悪化の原因となる紫外線が強くなる季節に検討しておきたい、知名度上昇中の新製品です。

記事の続きを読む

ハイチオールCとキミエホワイト。CMで話題の薬をチェック

ハイチオールCとキミエホワイトは最近、テレビCMで流れているシミやそばかす対策のお薬です。どちらの薬を選ぶか迷われている方もおられるかも。それぞれの特徴を比較してアンチエイジングの効果を比較しました。

記事の続きを読む

ハイチオールCはシミ・そばかすの改善に ベーシックな第三類医薬品

ドラッグストアによく買い物に行きます。その時どうしても気になるのがアンチエイジングの薬。人にお勧めできるような効果がある安心の薬にどんなのがあるだろうかと。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Copyright© 2019 アンチエイジングには体の内側からも改善を

ページトップ