MENU
アンチエイジングには体の内側からも改善を TOP  >  トランシーノ  >  トランシーノ IIは肝斑に。でも気を付けて服用を

トランシーノ IIは肝斑に。でも気を付けて服用を

トランシーノIIトランシーノ IIは肝斑に効果のあるお薬。CMが良く流れているので気になっている方も多いのでは?たいていの方は大丈夫のはずですが飲み始める前に気を付けた方が良い場合があるのです。

主成分、トラネキサム酸は元々が止血剤。これが肝斑(かんぱん)に効くのです。ところが第1類医薬品。これは副作用等のリスクが高いお薬なのです。肝斑かもしれないから試しにって気軽に飲んでみると体質によっては危険かもしれないのです。

肝斑についてまとめてみました

トランシーノ シリーズについて

トランシーノは2014年3月からトランシーノ IIとなっています。変わった所はビン入りから画像のようなPTP包装に変わりました。PTP包装とはへこんだ透明のプラスチックの板に錠剤を一つずつ入れて銀紙でふたをしたあれです(文章にするのが難しい。画像のピンクの所をご参照)。持ち運びに便利です。また成分量が1.5倍になって一日2回の服用になりました。どちらも便利さのための配慮です。

シリーズの飲み薬にはトランシーノ ホワイトCが加わっています。こちらのCMをご覧になった方も多いのでは?それぞれのCMが流されています。この2つのお薬は効能が違います。まさかとは思いますが間違いなく選んでいただきたいです。

トランシーノ IIのCMを見ていますと「臨床データ公開中」とあります。発売元、第一三共の公式サイトから探しますと8週間で高い効果を確認できたとあります。

トランシーノ II の特徴をパッケージから見る

トランシーノII注意点赤のマルで囲んだ所が特徴となります。
ここには以下のように書かれています。
しみ(肝斑に限る)改善薬
トラネキサム酸
L-システイン・ビタミンC配合
第1類医薬品

 

しみ(肝斑に限る)改善薬

通常のしみは対象外です。肝斑(かんぱん)に限るのです。通常のシミとは、ざっと言うと紫外線による防衛反応です。肝斑はホルモン異常をきっかけとして起き、そのメカニズムがよくわかっていません。よくわかっていないながらトラネキサム酸の塗布や服用で軽減される症状です。

トラネキサム酸
L-システイン・ビタミンC配合

トラネキサム酸は元々が止血薬。トランシーノ IIは出血している所を止める訳ではありませんが肝斑に効くのです。肝斑はホルモン異常をきっかけに起きるとされていますがトラネキサム酸はホルモンに作用するのではありません。あくまで止血薬です。

副作用について
副作用とは「頭痛薬で頭痛は治ったがおなかが痛くなった」と言うように意図する所が治ったが他が悪くなる事が日本語では一般的な使い方です。でも文字通りで言うと主な作用は止血。副の作用は肝斑改善。「血を止める薬に肝斑を直す働きがある」です。ここでは字ヅラ通り「トラネキサム酸には肝斑を治す副作用がある」としておきます。副産物の方がニュアンス的に良いのかも。
ホルモン異常で発生したしみを薄めるのに何故止血剤を飲むのかは個人的には副な産物のお陰と考えるのがふさわしいかと。

L-システインはビタミンCと協力してしみの原因物質のメラミンの過剰生成を防ぎ、無色化して排出を促します。トランシーノ IIのパッケージに書かれているビタミンCは正しくはアスコルビン酸と言い、天然のビタミンCと同様に作用します。これは肝斑に限らず、しみやそばかす軽減に効果を及ぼす組み合わせとなります。
とは言え、肝斑か普通のしみかわらからない人がトランシーノ IIを飲んで治そうと言うのは含有量、お値段、服用リスクからお勧めできません。肝斑でないなら含有量が多くて安くて服用リスクが少ない他のお薬の方がよろしいです。

第1類医薬品

第1類と言うからには2や3があります。服用のリスクで分類されます。第1類医薬品は高いリスクのある医薬品となります。このような薬は簡単に入手できませんでしたがトラネキサム酸は副作用が少ないと言う事で現在はドラッグストアに並んだりインターネット販売が可能になっています。

購入はちょっと面倒な事になっています。ドラッグストアではきっちり説明を受けないといけません。ホームセンターの薬のコーナーは説明する人がいない時は入れなくなっています。インターネット販売でも同様でリスクをしっかりとわかった上で同意するような手続きが必要になっています。
それをめんどくさいって思ってはいけません。危険性の高いお薬だと理解しておかないといけないのです。

トランシーノ IIのパッケージとお値段

何錠入りがあるか、それがいくらくらいか調べてみました。

楽天でトランシーノ IIの価格を見る

これは楽天でトランシーノ IIを安い順に検索した結果です。60錠入りが2,000円弱。1日4錠になりますので15日。120錠で3,500円~4,000円位、30日分。240錠は5,600円~6,600円強で60日。240錠の価格に幅がありますがこれは送料込の物が含まれるからです。

マツキヨ通販のトランシーノIIを見る
60錠:1,944円120錠:3,672円240錠:6,804円です。

連続服用の上限8週間の服用となります。240錠です。これで長年のお悩みが解決するなら良い値段になるんじゃないかと思われます。

買うのはちょっと待った!

肝班では、買って試してみようかなって思った方はちょっと待ってください。肝斑の人には誰でもお勧めと言う訳にはいかないのです。第1類医薬品はリスクが高いと書きました。使用上の注意を見ますと、透析療法を受けている人はダメとあります。医師または薬剤師に相談すべき人は歯科治療中の人、妊婦または妊娠していると思われる人、授乳中の人、55歳以上の人、アレルギーのある人。血栓症のある人。ここまではいいのです。それらに気付かない人はいないでしょうし。
問題はここから。血栓症を起こす恐れのある人。既往歴にあるとか遺伝的に心配な人。既往歴ならおわかりでしょうが、血栓症の体質かどうかはわかりませんよね。その危険性の判断は専門家に相談してからの方がよろしいかと思われます。

そもそもそのお悩みの所って本当に肝斑なのですか?違うとしてトランシーノ IIを飲んでも悪化しませんと販売元の第一三共のホームページには書かれています。だからと言ってとりあえず飲んでみるのはリスクが高すぎると思われます。肝斑かどうかは皮膚科で判断してもらった方がよろしいでしょう。

当然、血栓に対する治療を受けている方はダメでしょう。逆作用のお薬を同時に飲む事になりますから。同様に血液を固まりやすくする薬を飲んでいる人。どちらかが重複するのでは?

そんな人たちは医者にかかっておられるはずだから相談をすべきです。ただし医師によってはトランシーノって言われてもピンと来ないかもしれませんからご注意です。成分をお知らせするなら大丈夫です。

血液をサラサラにするサプリメントを飲んでいる人も大丈夫でしょうか?悪いと書いている情報はありませんがちょっと心配です。

もうひとつ気を付けるべき事があります。心配事がない人にとってトラネキサム酸は比較的安全な成分になります。そのため意外な薬に入っている事があります。いまや歯磨きから風邪薬まで。併用してたちまち大変な事になるってことはないですが気に停めて置かれるとよいかもしれません。

他にも心配事が・・・

ご参考まで起きそうな悪い事を紹介します。

・発疹、かゆみ
・悪心、嘔吐、食欲不振、胸やけ
・下痢

これは第一三共で公式に発表されている物です。
この他、口コミで少数投稿されていますのが生理に異常をきたしたと言う物。

・止まった、遅れた
・腹痛
・重くなった等々

これらは販売元の第一三共の公式ページに「そんなはずはなかろう」とあります。とは言え全ての人が同じ体質ではありません。人によってトラネキサム酸が合わないって事は十分に考えられます。その時は第一三共の公式ページにあるように医師に相談をお勧めします。

と、このような事がトランシーノ IIのリスクとなります。このような異変を感じた方があると言う事を知っておいて、何か起きた時にトランシーノ IIが原因かどうかを考えられる時のご参考まで

大丈夫だとわかったならば

危険性が高い事を承知の上、あらかじめ専門家に相談して大丈夫だとわかれば、あとはそんなにデリケートなお薬ではありません。

飲み忘れない
1日2回の服用となっています。トランシーノがトランシーノ IIとなって3回の服用が2回となっています。第一三共の公式ページに開発時の話がありました。効かないって言う人に飲み忘れが多いので2回にしたとありました。逆に効果を期待するあまり、既定以上の量を摂ってはいけません。

2ヵ月服用を上限にする
一旦止めて1ヵ月空けるとあります。再開してもまた2ヶ月。良くない事が起きると言うのではなくてそれ以上のデータがないからだそうです。CMで紹介されている臨床データを第一三共の公式ページで探しました。8週間で改善の効果を実感した方がかなりの割合です。それでもう少し効果が欲しい方は1ヵ月休まないといけません

その間はどうするかです。トランシーノ IIの成分、トラネキサム酸は継続に心配があるようですが、L-システインとビタミンCは継続しても問題ありません。むしろ効果を見るのに3ヵ月を掛けるべきだと言う情報もあります。休眠期間中は同じトランシーノシリーズのホワイトCを使用されるとよろしいのでは
トランシーノホワイトCの詳細を見る

トランシーノ IIを”あんぢえいじん”はこう考える

あんぢえいじんリスクの回避。それがあんぢえいじんは大事だと考えています。トランシーノ IIは何か起きた時のダメージが大きいのです。どのくらいの確率で起きるかは調べた所ではわかりませんでした。そこが大丈夫なら即効性もあるとデータで公開されています。2ヶ月が服用期間の上限。8週間に改善がみられる方が大半です。それ以上は1ヵ月空ける必要があるのですが次の8週間でかなりの効果が期待できます。飲みやすいように1日2回の服用になった所のメリットは非常に大きいと思われます。PTP包装に変わった所もメリット。小分けにしないと持ち運びしにくいビンから変わっています。こんな所もメーカーさんの配慮なんだろうと思われます。

お得な購入方法を探す

*** 60錠入りの場合 ***
金額だけなら楽天が若干安いのですが売り切れが多いのです。ほぼ同額と見てよろしいかと。決定的な所が送料です。マツモトキヨシ通販は1,980円以上が 無料。楽天の多くの出品は 5,000円以上。マツモトキヨシでは惜しい事に1,944円。あと36円足りません。マツキヨの豊富な商品から何かをいっしょに注文するいいでしょう。 お薬だけではなくて日用品全般までの取り扱いがあります。楽天で抱き合わせで購入しようとすると仕組み的にちょっと無理です。
マツモトキヨシでトランシーノII 60錠を購入する
楽天でトランシーノII 60錠を購入する

*** 120錠入りの場合 ***
マツキヨなら送料無料、楽天ならたいてい500円程度の送料がかかります。1ヵ月お試しして見ようと思う方にはマツモトキヨシの通販が絶対にお得です。
マツモトキヨシでトランシーノII 120錠を購入する
楽天でトランシーノII 120錠を購入する

*** 240錠入りの場合 ***
楽天で送料別5,600円程度、送料込で6,000円強の物が見つかります。楽天がお得です。
楽天でトランシーノII 240錠を購入する

※マツモトキヨシではその価格のせいかすぐに在庫切れになります。見つけたらチャンスです。アマゾンも送料無料の所が多いのですが、さすがに第1類医薬品の取り扱いはありません。お急ぎの時は通販では楽天での購入となります。

同じカテゴリー「トランシーノ」の一覧

トランシーノIIのジェネリックを見つけました

ジェネリック医薬品と言う言葉をよく聞きます。ご存知の方も多いはず。「先行医薬品と同じ成分・同じ効果、効能があり、安価」となります。トランシーノIIの購入をお考えの方も「ジェネリックでないのかな」と思う […]

記事の続きを読む

トランサミン飲み合わせ|第一三共に電話してみた

トランサミン:一般名トラネキサム酸。元々は止血剤、飲み合わせがあっていっしょに飲んではいけない薬があります。トランサミン:トラネキサム酸はトランシーノIIの主成分。販売元に電話してみました。

記事の続きを読む

トランシーノとロスミンローヤル。どちらがお悩みに合うでしょう

トランシーノはTVCMで知名度上昇中。対して古くから愛されているロスミンローヤル。効能の範囲が異なるのです。お肌の悩みは人それぞれ。間違った薬選びを避けるためにその違いをしっかり見ていただけましたら。

記事の続きを読む

トランシーノ IIは肝斑に。でも気を付けて服用を

トランシーノ IIは肝斑に効果のあるお薬。CMが良く流れているので気になっている方も多いのでは?たいていの方は大丈夫のはずですが飲み始める前に気を付けた方が良い場合があるのです。

記事の続きを読む

トランシーノ ホワイトCはCMでおなじみ。どんな薬か調べました

トランシーノ ホワイトCのCMをよく見かけます。どんなお薬か?ビタミンCの含有量が多い事もわかりました。1日2回の服用も便利そうです。お値段は?安心して飲める?口コミはどうだろう?色々調べてみました。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Copyright© 2019 アンチエイジングには体の内側からも改善を

ページトップ