MENU
アンチエイジングには体の内側からも改善を TOP  >  お肌の悩み  >  そばかすの原因は?対策は体の内側から

そばかすの原因は?対策は体の内側から

そばかすの悩みそばかすのお悩みは?だんだんと濃くなった、増えたと思っている方は多いでしょう。そばかすに対するネットの情報を徹底的に調べてみました。知ってたつもりの事や意外な事がたくさんあって整理してみました。そばかすの原因、対策を調べてみた結果、体の内側からの対策、第三類医薬品がお勧めです。最大の原因である紫外線を避ける事、食べる物によって効果のあるビタミン摂取、不摂生の改善が基本です。その対策に加える事によって安全に低リスクでの効果が期待できます。

そばかすとは?

ネット上には情報があふれているのですがそもそもそばかすってなんだろうと調べてみました。パソコンで「そばかす」と入力して変換すると「雀斑」と出ます。蕎麦滓とも書くようです。雀卵斑(じゃくらんはん)と言う呼び方もあります。

ちなみに・・・
「そばかす」は斑点がソバの実の殻に似ているからで、雀斑はすずめの羽の模様に似ているからで語源としては別だそうです。また、すずめの卵にある斑点に似ているから雀卵斑と呼ぶそうです。

その特徴をリストアップしてみました。

・褐色か灰色
・複数できる
・痛み、かゆみはない
・早ければ3歳位から
・大人になると薄れる事もある
・季節的、春から夏に悪化
・左右対称ではない
・5ミリまで
・凹凸はない
・色白の人に多い
・思春期に増える
・顔だけではなく上半身にもあらわれる
・秋から冬におさまる
・遺伝する

ホントですかって話もありました。そばかす同様、肌に色素が沈着する物に「シミ」があります。厳密なそばかすって白人で金髪で青い目の人だけ、日本人は小型のシミであると。そんな事を書いているサイトもありました。他のサイトによるとそばかすは生まれつき、シミは後天的に発生する点で別物だそうです。

気になる所がいっぱい。遺伝すると言うのがショッキング。遺伝病とか不治の病のように聞こえて絶望的な響きがありますがそんなに悲観的な物ではありません。親にあったら子にできやすいと言う程度です。
左右対称ではないと言うのはわかりにくい表現です。シミに似ているが全く別物の肝斑(かんぱん)が左右対称に出るからです。そばかすが肝斑と区別される特徴です。

そばかすの原因

そばかすの色はメラニンと言う色素です。メラニンを生成するのがメラノサイト、メラニン細胞とも言います。表皮の一番下にあります。メラノサイトが活性化、増加するとメラニンが過剰に生成されます。メラニンが多数沈着化して皮膚の色となります。

要は色素を作る細胞があって、それ増えたら色素が増えるって事です。そう言ってしまうとメラノサイトってすごい悪い奴のように聞こえますがそうではなくて、本当の働きは紫外線による細胞破壊を防ぐための物です。なくなってしまったら困った事になります。出来てしまった色素は垢となって体の外に排出されるのが正常な状態です。

そばかすが悪化する要因

正常な状態ならそばかすは恐るに足らずなのですがメラニンが過剰にできる事、体外への排出が遅れて蓄積する事の2点で悪化します。

メラニンがたくさんできるのは紫外線をたくさん浴びたためです。元々が紫外線の影響から体を守る本来の反応です。活性化したメラノサイトがたくさんできて、メラニンが多く生成されます。そばかすの別名に夏日斑と言うのがあります。夏は紫外線の強くなる季節ですから。紫外線の影響以外にも間違った洗顔方法、ごしごしとこすると刺激によってメラニンが増えます。肌にかかる負担が刺激となってメラニンの生成が増えます。

体外への排出が妨げられるのは様々な要因があります。

・睡眠不足
・血行不良
・間違ったスキンケア
・クレンジングをしない
・栄養不足
・食生活の乱れ
・筋肉疲労
・睡眠前の過食

これくらいなら気を付ける、我慢する等で防ぐ事が出来ます。ところが簡単に防げない物にホルモンの異常があります。ストレス、過労もひどくなると影響します。またそれは妊娠、出産等で起きます。ただ時間を置くと元に戻ります。・・・とは言っても年単位の時間がかかるのはご存じの通り。もうひとつの要因に加齢があります。これは悲しい事に戻りません。しっかりと対策したい所です。

調べて行くうちに難しい専門用語がたくさん出てきました。その中でよく見かけるのがターンオーバーって言葉です。
メラニンが増えて排出されるのが正常な状態ですがその周期の事を言います。メラニンは皮膚の深い所で発生します。これが14日間掛けて皮膚表面に移動します。さらに14日間肌を守り、垢となって排出されます。この14日+14日=28日間をターンオーバーと言います。
その通りであれば紫外線も不摂生も恐れる物ではありません。当方が体験的に購入したロスミンローヤルからの情報によると何らかの対策が効果を表すのはターンオーバーの日数28+年齢、例えば45歳の方なら73日後となります。大体2ヶ月半、根気が必要です。

そばかすの対策

紫外線を浴びる事が主な原因となるので対策としては帽子、日傘、日焼け止めクリーム等々です。これが何よりの対策となります。また生活習慣の乱れは改められるべきです。

食事療法

メラミンの定着を防ぐビタミンC、新陳代謝を促進するビタミンEの摂取が効果的です。

ビタミンCは黄色のピーマン、パパイヤ、グァバ、いちご・・・等々です。コラーゲンの合成に必要で抗ストレス作用、抗酸化作用が期待できます。

ビタミンEはひまわり油、アーモンド、唐辛子、アーモンドナッツ、小麦胚芽、抹茶等々に多く含まれています。別名若返りのビタミン、高い抗菌作用があり、老化防止にも効果が期待できます。

クリニック等での治療

クリニック等で実施します。レーザー治療なんて個人では無理ですから。それはともかく医師の監督のもとでないと危険な物を集めました

レーザー治療:比較的古くからある方法、一個ずつそばかすを焼いて行く。痛みがある。かさぶたができて目立つので一週間位は外出したくなくなる。

フラッシュ光線療法:最近出来て来た方法。かさぶたはできないので治療後外出する時に気にならない

フラッシュレーザー光線療法:フラッシュ光線療法が進化した治療法

フォトフェイシャル:カメラのフラッシュのような光を皮膚に照射

ハイドロキノン:肌の漂白剤と言われます。規制緩和によって化粧品にも使われるようになった。

ハイドロキノンはメラノサイトその物を減少させて色素を減らします。非常に効果がありそうです。元を断つ訳ですから。でも元を断ったら紫外線から無防備になるんじゃないでしょうか。レーザー等と同様、医師に処方してもらった方が安全だと思われます。

薬物療法

当サイト管理人”あんぢえいじん”がお勧めする方法です。体の内側からの症状の改善をします。いずれも第三類医薬品です。
私のイチ押し。シミや小ジワにも効果あるロスミンローヤル
抜群のコストパフォーマンス。ハイチオールC
CMで知名度が高い、キミエホワイト

”あんぢえいじん”の考えるそばかすの対策

あんぢえいじん紫外線は防ぐべきです。そばかすが悪化する最初のきっかけになりますから。元を断つのが最も効果が期待できます。生活習慣の乱れは止むをえない時はあるでしょう、仕事上の付き合いも程々に。ストレスや過労もホルモン異常を起こすだけでなくロクな事になりません。食事によって必要なビタミンを補充するのは最も自然かつ低リスクです。ところがそれだけで十分な対策にならない事があります。体質の違いって事もあります。ちょっと気が緩んで、対策をサボって悪くしてしまう人があれば不摂生を繰り返しても平気な人もいます。

クリニックに通うのも効果に期待できますが口コミを見ていますと効果がなかったとか悪化したとかもあります。保険が効かない方法が多く、最後の手段にとっておきたい位の費用的リスクもあります。

”あんぢえいじん”がお勧めするのは体の内側からの改善。既に紹介した薬物療法で挙げたお薬は第三類医薬品。副作用が少なく低リスク。即効性はありませんがその分、安心感があります。食事によって摂取するビタミンをさらに補ってくれるものと考えます。

同じカテゴリー「お肌の悩み」の一覧

肝斑の原因と治療。トラネキサム酸服用は慎重に

肝斑と言うしみに似た物があります。原因ははっきりしてません。見た目は似ているのに治療方法が異なります。しみの治療法では改善しません。レーザー治療はしみに効きますが肝斑は悪化するので要注意です。

記事の続きを読む

そばかすの原因は?対策は体の内側から

そばかすのお悩みは?だんだんと濃くなった、増えたと思っている方は多いでしょう。そばかすに対するネットの情報を徹底的に調べてみました。知ってたつもりの事や意外な事がたくさんあって整理してみました。

記事の続きを読む

妊娠中のスキンケア|シミ・そばかす・肌荒れの対策

妊娠中のスキンケアは?妊娠をきっかけにシミができたりそばかすを悪化させたり肌荒れ・吹き出物が起きる人がいます。ホルモンバランスの変化によるものです。少ないリスクでの対策をする薬があります。

記事の続きを読む

冷え性を改善する薬|体の内側からの効果

”あんぢえいじん”のまわりには冷え性で困っている方がいます。なぜ冷え性があるのでしょうか。何とかならない物なのでしょうか。原因と対策を探してネット上をさまよった結果、体の内側からの改善を提案します。

記事の続きを読む

肩こり解消には体の内側から

肩こりをお持ちの方。解消する方法は色々。歳を経るたびにきつくなった方が私の周りに多いのです。解消の方法は様々ですが、当方のコンセプトは「体の内側から」の解消法。”あんぢえいじん”流に考えてみました。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Copyright© 2019 アンチエイジングには体の内側からも改善を

ページトップ